2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繰り返し営業中止のご案内です

イベント予定も多くあったため早朝からお電話でのお問い合わせを多くいただいております。

当スキー場は昨日より今週一杯(18日金曜日まで)営業を自粛させていただいております。

地震による被害は一切ございませんし、雪の量も質も申し分ない中での休業は我々としても残念ではありますが、少しの間、少なくとも災害の状況が整理され皆の気持ちが「元気を出そう!」と動き出すまでしばし時間を頂戴したいと思います。ご理解をお願いしたいと思います。

なお、本日開催予定であった催しは中止となりますが、スノーボードバッジテストに関しましては20日(日)に延期実施可能とのことです。

19日には営業再開を考えておりますが、現時点では確定ではございません。現在のように大幅な電力不足が継続したり、今もまだ続いている余震が収まらない場合、その他今後の状況を踏まえて決定したいと思います。

現在救出を待っている方々が一刻も早く救助されること、被災に遭われた方々が一日でも早く元気を取り戻されることを心よりお祈りいたします。

テーマ:ウィンタースポーツ - ジャンル:スポーツ

コメント

各スキー場対応がまちまちですが、元気付けるために営業を行うということは詭弁だと思います。特に発生日から今日に至って不明者の数も分からない状況で、無関係の方ではあるでしょうが「笑っていただく」必要があるのでしょうか?放射能がどこに流れるかの情報も放棄してあそぶべきでしょうか?少なくとも錯綜する情報の中、数日は自粛したほうが良いのではないかと感じています。みんなで何ができるかを考えましょうよ!電力が不足していることは間違いなく、この状況で遊ぶ方々のために電気を消費して震災を忘れてもらうことはまだ時期尚早と思われます。とにかくヤジウマではなく被災地のことが本当に心配です。復興に向けてはスキー場の利用も活力になるのならば存分に使わせてもらいますが、やはり少し時間を置くべきです。 スキー場の中でわかぶなさんの対応が最も早く的確であったと信じています。スマホ買ったばかりでうまく思ったことが打てませんが、今後も応援しています。

>みつる さま

私どもはそれぞれのスキー場の考え方について意見を述べる立場にはありません。平常の姿勢を貫くことにも意味があると思いますし、売上や来場者からの義援金を作ることもできるかもしれません。
ただ、私どもといたしましては災害救助もめどが立たないことや今日に至っても余震が続くこと、電力の件、国道113号線の利用回避など総合的に判断しての休業とさせていただきました。
原発も不安要素がぬぐえません。もしかしたら風向きでここまで影響が出るかもしれません。スキー場で遊んでいるうちに最悪の事態になっていたなんてことは避けていただきたいとも考えます。
ご理解心よりお礼申し上げます。

安全を第一に考えてのわかぶなの決断に、敬意を表します。電力不足もまだまだ深刻です。昨日今日のわかぶなさんのコメントに、涙が出そうになりました。
三連休、楽しみにしています。でも、たとえ営業できなかったとしても、わかぶなさんの気持ちは十分伝わってますよ。
その時は、来シーズンを楽しみに、過ごしたいと思います(^^)

>M さん

ありがとうございます。
土曜日早朝の余震によって臨時休業としたことにより、通常営業中に見る暇などないテレビによる報道をじっくり目を背けずに見ました。この日、これから何をすべきか考える時間が得られ、正しかったかどうかは別として現在の措置に至っています。火力発電所が燃え、原発にも惨事・・・まさか原発の危機がこのようになるとは当初考えたくもなかったのですが、少なくとも運転停止措置は間違いなく、電力不足(この時点ではこの地域の停電を考えましたが)も予測できました。
何ができるか、何をすべきかは人それぞれ、企業それぞれ違いますが、とにかくみんなが考えていけば徐々にかたちとなり大きな力を生むと信じています!
早く笑顔をとりもどしたいですね。無理にでも明るく笑えうことができる場を提供したいですね。
電力事情についても、3連休に影響を及ぼす可能性が高いとは考えています。が、まだあきらめてはいません!

称えます

たまたま経営者の方のご友人のブログでのやりとりからこちらのブログにたどりつきました。
私も小さな会社を経営しておりますが、今回の勇気ある判断はとても感銘を受けました。
スキーはほとんどやったことの無い私ですが、想像するにスキー場の土曜と日曜日は営業的に当然大きな比重を占めるとともに、おそらくアルバイトなどの人員確保や食材の大量仕入れ等、臨時休業の判断にはご自身の血を流す覚悟もあったことと思います。
他のスキー場の対応も気になりいろいろ見てみましたが、利用者に対して方針表明を全くしていない場合や、少しずれた考え方をしているところなど、「人間として」の配慮に欠ける部分を感じざるをえませんでした。「休業するのは簡単」と安易に発言したスキー場にはあきれました。
貴スキー場経営者、スタッフの方々の深慮遠謀、迅速な対応に心から敬意を表します。
PTSDや子供たちへの影響を考えれば「歯を食いしばって楽しむ必要性」もあるのかも知れませんが、原子力発電所の事故も続き、余震も収まらず、被災地の家族と生き別れて泣き叫ぶ方々の映像等を見るに、日本における未曾有の大惨事である今、少なくとも数日は自粛の気持ちを持つべきでしょう。
海外からは、今回の震災に面した日本の国民性についても高評価をいただいておりますが、「隣の県のスキー場では楽しんでいます」という映像が海外に流れたらどう感じるでしょうか?
利用者は1回スキーを我慢してその分支援金にまわせないでしょうか?
「赤字でもやることに意義がある、地元の経済を支えている」と話すスキー場も見かけましたが、この場面での営業は本当に正しいですか?お客様に不信感を与え逆に地元経済に悪影響を及ぼすことは無いですか?一般家庭の小さな部分でも電灯を消して電力節減に協力している今日です。しかも名は上げませんが、営業しながら中途半端に災害情報を書き込み善人を演じたりしています。営業すべきと考えるなら目の前のお客様だけに専念すれば良いのに。
この経営者のおっしゃるように、復興に向けて動き出すときには皆で明るく盛り上げていくことは重要だと思いますがまだそのタイミングじゃ無いのでは。
スキー場業界のことは良くわからず発言していますのでもっと深いところがあるのかも知れませんが、私個人は貴スキー場の考え方を支援いたします。機会があれば何年後になるかわかりませんが遊びに寄らせていただきたいと思います。
余震の心配も含め、大変でしょうがこれからも頑張ってください。この週末に再開できますように。
関係者でもないのについ興奮してのコメント書き込み失礼いたしました。

>おやじ さん

ありがとうございます。
企業の本来の目的は収益を上げることでもありますし、社会貢献の方法は様々です。スキー場はじめ、企業ごとの対応は当然千差万別だと思います。
様々な商業活動の是非についてtwitterや2ちゃんねるなどで議論が為されていることも存じております。ただ、こういう発言は良くないかもしれませんが「今はそんなことでケンカしてるよりまずは被災地のこと、次に今後の復興、ひいては日本の将来のことを考えよう」が先だとは思います。
我々も含め、こうすべきと考えることが全て正解であるはずもありませんが、逆に間違っていると言い切るべきでもないと思います。個々が信念を持って行動すれば必ず何かの答えが得られると思っています。今回の震災の影響はこの先何十年も続くかもしれませんが、自分の小さい力を、みんなの大きい力を信じたいですね。
もしかしたらずいぶん遠方の方かもしれませんが、いつか遊びに来てください!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://subetta.blog90.fc2.com/tb.php/462-df7c9409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

twitter

カウンター

2008.10/28以降・・・
今まで 人来たよ
今現在 人いるよ

カテゴリ別に表示できます

日記 (704)
キャンペーン (26)
イベント (70)
レストラン (13)

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。